華の会メール 口コミ 評判

恋愛に依存しない方法と、そのメリットとは?

恋愛するにあたって多くの人が悩んでいるのが、

 

恋人に依存してしまっているのではないかと言う悩みです。

 

相手に依存してしまう恋愛は、お互いの負担を大きくしてしまい別れにつながるきっかけにもなります。

 

とは言え、全く相手に頼らずに1人で独立して生きるのなら恋愛はしなくても良いのじゃないかと思われる方もいますよね。

 

今回は依存しない恋愛、そして程良い恋人との距離の保ち方をご紹介していきます。

 

 

 

 

依存しないために

 

 

 

・没頭できることを見つける

 

 

 

なぜ恋愛に依存してしまうのでしょうか。

 

もしかするとあなたが恋愛以外に没頭できることがないのかもしれません。

 

恋愛以外で没頭できる趣味を持つ人は、恋愛に依存しすぎず恋人とほどよい距離を保つことができています。

 

もし何も趣味がないと言う人は、新しいことにチャレンジすると視野も広がり自分の成長を促すことにも繋げられるでしょう。

 

これは自分磨きにもなるので、より理想の姿に近づくことができるだけではなく、

 

常に自分をアップデートすることができます。

 

このように自分1人の時間を満喫する方法を見つければ、

 

自由な時間を恋愛だけに割くと言う事はなくなり結果として恋人に依存する事はなくなります。

 

 

 

 

依存しないメリット

 

 

 

・相手に振り回されなくなる

 

 

 

恋愛に依存しなくなると、相手に振り回されることがなくなります。

 

今まで相手主体でしてきた恋愛が、

 

自分のこともしっかり考えられるようになるのでお互いが自立した関係で過ごせるようになります。

 

依存している人と言うのは、彼氏の言動に振り回されたりするので苦しい恋愛をしている人が多いかもしれません。

 

依存をしなければそのようなことがなくなるので、対等な立場で恋愛の関係を進めていくことができます。

 

また相手からしばらく連絡がなくても、特に気にしないようになります。

 

連絡の頻度と言うのは、相手をどれだけ好きかとは全く関係ないことです。

 

恋愛依存をしなくなると、連絡の頻度を気にしなくなるので自分の時間をしっかりと満喫できるようになります。

 

相手が自分のことをどう思っているかも必要以上に気にならなくなるので、

 

自分に自信を持てるようになります。相手を信用し、

 

また自分を信用することでお互いがしっかりと地に足をつけた状態でお付き合いしていくことができます。

 

このように考えるとメリットばかりで、依存しない恋愛がどれだけ充実したものなのかがよくわかりますね。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

実は自分が恋愛依存に陥ってしまっていると言う人は少なくないかもしれません。

 

しかし大丈夫です。この状態は自分で意識するだけで抜け出すことができます。

 

自分磨きも怠らず、また自分の時間をしっかり楽しむ人になって、恋愛も充実したものとさせてくださいね。

 

 

 

 

 

オンラインで婚活ができる結婚相談所【スマリッジ】

 

 

 

 

 

【スマリッジ】アドバイザーがオンラインでお相手探しから紹介まで真剣な婚活をサポートします

 

登録料6,000円(税抜)と毎月の月会費9,000円(税抜)のみでどこよりもリーズナブル

 

オンラインお見合いもスタートし自宅に居ながら婚活することが可能です。

 

 

 

スマリッジの特徴

 

 

・ご登録はWeb完結型でご来店不要!
・ご紹介可能会員数は52,000名!(加盟先を含む)2020年4月時点
・独身証明書100%提出で安心!
・3ヶ月間お見合い不成立で全額返金!(条件あり)
・お見合い料や成婚料等、追加で必要な費用は一切なし!

 

 

 

 

 

18年の運営実績!会員数600万人突破!

 

 

 

 

 

 

 

会員数800万人突破!

 

 

日本最大級の出会い系マッチングサービス

 

 

 

 

 

 

会員数は国内最大級の1300万人を突破!

 

 

 

 

・会員数は国内最大級の1300万人を突破

・2000年から運営の老舗出会いサービス

・マッチングアプリにはない「掲示板機能」で即日会える

・誰にもバレずに、匿名で会えるので安心

・好きな時に自分のペースで利用できるポイント制

・どこよりも安いポイント2倍キャンペーンがお得

 

女性なら誰もが幸せになりたいと願うもの。

 

素敵な恋愛も経験してきたことでしょう。

 

しかし、いざ結婚となると話は別です。

 

結婚はお互いに家庭を築き、生まれてくるであろう子育ても考えなくてはいけません。

 

もし、ここで価値観の違う相手と結婚したらどうなるでしょうか?

 

合わないから離婚!というような失敗はしたくありませんよね。

 

できれば、お互いに長く婚姻関係が続けられるパートナーと添い遂げたいもの。

 

今回は、婚活女性が求める心理について、見ていきましょう。

 

 

 

女性が婚活をはじめるきっかけ

 

 

 

 

社会に出て、仕事をしていくと、たくさんの責任を持つようなポジションへと変わっていきます。

 

すると、仕事が忙しくてプライベートが充実していないことに気づいた経験はありませんでしたか?

 

家と会社の往復…

 

休日は昼夜逆転…など。

 

現実と向き合う出来事が起こります。

れは、友人たちの結婚式の招待状ではないでしょうか?

 

30代を過ぎると、以前のように恋愛に気持ちがシフトできない現実に悩むことも出てきます。

 

特に女性は年齢的に出産というタイムリミットがあることで、付き合う=結婚と意識してしまいます。

 

男性側では同じ30代でも、仕事では責任のあるポジションだったり、面白さがわかってくる時期であると、

 

女性が感じている結婚のタイミングとズレが生じてしまいます。

 

 

 

 

婚活女性が感じてる心理

 

 

 

久しぶりに再会した友人たちとのプライベートな話を聞くたびに、自分はまだ得られていない「幸せ」を痛感してしまいます。

 

理想のライフサイクルが、出産も考えていることで少しずつズレが生じてしまい、「焦り」を感じています。

 

男性側には女性が本能的に抱える「出産」というリミットについて改めて理解を深めてほしいところです。

 

いざ自由恋愛から結婚へと結び付けたいと感じていても、実際に男性が求めるのは若くて、

 

かわいいといった見た目が強い場合も傾向として高めです。

 

これは本能で若い=出産しやすいという相手を選ぶことが考えられます。

 

そうなると、まずは自分の「見た目」にも意識を向ける必要があります。

 

あまり意識しすぎて「作りすぎ」てしまうと、ギャップで振り向いてもらう可能性が低いので気を付けましょう。

 

30代をすぎれば、様々な経験を積んできます。

 

無理に大人になる必要はありません。

 

今の自分を最大に素敵に魅せることを心がけてください。

 

なぜなら、自分を好きで、大切にすることができる人は、心にも余裕がうまれるからです。

 

けして焦る必要はありません。

 

焦ることで正しい判断ができなくなることは避けましょう。

 

 

まとめ

 

 

 

婚活の先は結婚、そして出産です。

 

出産は一人ではありません。

 

子を育て、大人として世に送り出す責任を夫婦でカバーしあうことです。

 

人間関係を育成していく上で一番大事なのは相手に気を配ることができるかどうかです。

 

婚活はまさに相手に気を配りつつ、自分をアピールする場です。

 

ぜひ、適度に距離を作りながら、素敵な出会いに生かしてくださいね。

 

 

 

 

 

オンラインで婚活ができる結婚相談所【スマリッジ】

 

 

 

 

 

【スマリッジ】アドバイザーがオンラインでお相手探しから紹介まで真剣な婚活をサポートします

 

登録料6,000円(税抜)と毎月の月会費9,000円(税抜)のみでどこよりもリーズナブル

 

オンラインお見合いもスタートし自宅に居ながら婚活することが可能です。

 

 

 

スマリッジの特徴

 

 

・ご登録はWeb完結型でご来店不要!
・ご紹介可能会員数は52,000名!(加盟先を含む)2020年4月時点
・独身証明書100%提出で安心!
・3ヶ月間お見合い不成立で全額返金!(条件あり)
・お見合い料や成婚料等、追加で必要な費用は一切なし!

 

 

 

 

 

18年の運営実績!会員数600万人突破!

 

 

 

 

 

 

 

会員数800万人突破!

 

 

日本最大級の出会い系マッチングサービス

 

 

 

 

 

 

会員数は国内最大級の1300万人を突破!

 

 

 

 

・会員数は国内最大級の1300万人を突破

・2000年から運営の老舗出会いサービス

・マッチングアプリにはない「掲示板機能」で即日会える

・誰にもバレずに、匿名で会えるので安心

・好きな時に自分のペースで利用できるポイント制

・どこよりも安いポイント2倍キャンペーンがお得

 

このエントリーをはてなブックマークに追加